株式会社三和技術総合研究所
トップページ 私たちのコンセプト 事業内容・サービス 会社概要 お問い合わせ
これまで一般的だったサービスや改善方法
 総合的エネルギー管理と、改正省エネ法。(サービスの概要)
「見える化」で始める「全体最適化」。(サービスの詳しいご説明)
スマートコミュニティ社会に向けて。改正省エネ法に対応した、あたらしい「総合的エネルギー管理」【エネルギー設備省エネ最適化運転統合サービス】

 前項目でご説明したような状況であった中、これからのスマートコミュニティ社会への対応に向けて、私たちは従来存在していなかった"総合的エネルギー管理"という概念に基づく新しい省エネエンジニアリングサービスを創出しました。
 それが、改正省エネ法に準拠し、最適システム企画・設計から最適自動運転、及びメンテナンスまで一貫したオールラウンド型サービス【エネルギー設備省エネ最適化運転統合サービス】です。

エネルギー設備省エネ最適化運転統合サービス
最適制御システムを軸としPDCAサイクルを実現した世界初の統合サービス。
改正省エネ法にも対応。
報告書や計画書の作成、それに基づく最適運転制御。改正省エネ法に関する問題解決もおまかせください。

 2010年4月に完全施行され、お困りの方も多いと思われる改正省エネ法への対応。定期報告書や中長期計画書の作成も三和技術総合研究所へご相談下さい。お客様の設備の現場調査をおこないシミュレーション、お客様のご要望もお伺いした上で削減目標値を割り出します。
 【エネルギー設備省エネ最適化運転統合サービス】では、それらの目標値に合わせた設備の最適運転制御をおこなうため、これまで問題であった「計画書通りに運用がうまくいかず目標値を達成出来ない」というご心配はありません。また、運転状況を常に把握出来るため、事業所ごとはもちろん企業全体でのエネルギー使用量を正確に算出し、改正省エネ法に対応した定期報告書を作成することが可能なのです。

改正省エネ法 報告書・計画書の作成もおまかせ下さい
現在の設備の運転状況を把握した削減目標計画と
それに基づく最適運転制御を行ったうえでの報告書作成なので正確。

【改正省エネ法】
省エネ法(正式名:エネルギーの使用の合理化に関する法律) が改正され2010年4月から完全施行されました。これまで対象の中心であった産業部門に加えて、エネルギー消費量が増加している業務・家庭部門の対策を強化するために規制の対象となりました。また、これまで工場や事業所ごとだった管理が企業単位となり、エネルギー管理担当責任者の選任や報告書等の提出が義務化、罰則がより厳格化するなど、企業にとって厳しい対応が必要となる大幅な改正が行われました。

上へ戻る▲
次の項目では、サービスの仕組みについて詳しくご紹介します。
1   2   3
Copyright(C)2012 Sanwa Technology Research Institute All Rights Reserved.
株式会社 三和技術総合研究所
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-33-23パークサイドヒルズ6F(港北ニュータウン)
TEL:045-680-1715 FAX:045-500-9657